募集要綱

審査の視点

快適かつ機能的なオフィスを整備するために、また、感性を刺激し、創造性を高めるために、加えて知識資産や情報の運用管理のために、どのようなオフィス・コンセプトに基づき、どのような具体策が施されているか、そしてどのような効果を上げているかを、「ニューオフィス化の指針」(昭和63年4月)、「今後のオフィスづくりのあり方」(平成4年5月)、および「クリエイティブ・オフィスレポート1.0」(平成19年6月)で示された視点を考慮して、審査を行います。


●審査の視点

1. オフィスワーカーが快適で精神的にゆとりを感じるような、生活の場となっている。また、感性を刺激し、創造性を高める働き方を誘発する場となっている。

2. コンピュータネットワークなどの情報通信技術(IT)を活用した新しいマネジメントとワークスタイルを積極的に推進する知的生産の場となっている。また、ITを活用したコミュニケーションが行われている。

3. 地球環境への影響、地域社会への貢献など、社会性が配慮されている。
(1) 企業の社会的活動が行われ評価されている。
(2) 地球温暖化への対応など地球環境保全に配慮がなされ、また、省エネや廃棄物の適正処理、リサイクル、グリーン購入など、地球環境との共生が十分に考慮されている。
(3) 自社の企業文化が地域社会に貢献し、地域の風土、景観などとの共生が考慮されている。

4. FM(ファシリテイマネジメント)手法を取り入れたオフィスづくりや維持管理のための体制が整備されている。

5. 知識資産や情報が適切に管理され、運用されている。